誰にも言えない避妊の悩みはアフターピルの通販購入で解決!

経済的負担が少ない

明るい表情の女性

アフターピルを通販で購入する場合、個人輸入代行という独特の方法で購入することになります。
海外で販売されているアフターピルを購入するには、本来個人輸入をしなければなりません。
しかし個人輸入では面倒な手続きや複雑な書類の提出などが必要となり、中々大変なんです。
そこで、間に代行業者をはさむことでそういった面倒な手続きを省くことができるんです。
レディースクリニックや婦人科でアフターピルを購入した場合、プラノバール錠は5,000~10,000円、ノルレボ錠なら10,000~15,000円の薬代に加えて診察代がかかります。
通販ならもっと安く、さらに診察代などもかからずに購入できるというメリットがあります。
避妊に失敗してしまったという不安やストレスからかなり精神的にも疲れていますから、ここで高い費用がかかってしまうのはより精神的に負荷がかかりますよね。
20代前半という若さだと、まだ大学生でお小遣い稼ぎにアルバイトをしているという人もいると思います。
さすがに1錠15,000円もかけるのは経済的にも精神的にも辛いものがありますね。
また、本来であれば避妊に失敗してしまったのは女性だけの責任ではないので、彼氏と折半でアフターピルの費用を出すのが望ましいです。
そうすることで避妊について2人でより真剣に考えていく機会にもなります。
女性は自分の体を守るために避妊について考えるのはもちろん、男性は大切な彼女を守るために避妊について考えなければなりません。